絵酔ダイアリー

イラストと短歌と赤毛のアンの読書備忘録

和歌

子猫(川合玉堂)*スケッチ

朝夕は涼しく、少しずつ秋めいてきました。 庭で野良の猫親子が遊んでいました。すぐに何処かへ行ってしまいましたが、子猫の仕草は何とも言えず愛らしいですね。 ダイソースクラップブック 鉛筆 パステル白 「子猫」もらい来し虎斑(とらふ)の子猫 いとおし…

滝(藤原盛方)*墨絵

先日、運転試験場に免許の更新に行きました。 普段は近くの警察署に行くのですが、コロナで更新手続きがストップされて、延長をしました。その余波で警察署の更新手続きが混み過ぎていて、私は試験場でないと更新できないとのことでした。 コロナ対策で待っ…

高砂百合(正岡子規)*スケッチと水墨画の教科書

酷暑の中、草緑にそこかしこに清楚に佇む白百合。スレンダーな美人は見ているだけでも涼しく感じます。鉄砲百合よりも葉の幅が細い、高砂百合という種類です。 「人も来ぬ 奥山路の 百合の花 神や宿らん 折らんと思へど (正岡子規)」 半紙 墨 半紙 墨 ソフト…

ブルーベリー(川合玉堂)*水彩画など

昨日でブログを始めて一年が経ちました。 とりあえず続けられた事、拙いブログでも見て下さる方がいる事に感謝です。ありがとうございます。 昨日は父の祥月命日でしたが、24年前の夏も、同じ様に蝉の声が割れんばかりに響き渡っていたことを思い出します。 …

紫陽花(正岡子規)*スケッチ&鶴太郎墨彩画

ブログの間があいてしまいました。 その間も見に来て下さった方、ありがとうございます。痛めた腰は外出する際にコルセットを付けて行けば、普通に動ける様になりました。ただ時間をかけて座ってじっくり絵を描くのには、辛いものがあります。 ササっと描け…

バラ園(木下利玄)*パステル画

遅咲きの薔薇がまだまだ綺麗に咲いています。何年か前に訪れたバラ園の写真から 描いてみました。そろそろ遠出したい気分ですが、腰がまだロングドライブには耐えられないので、もう少し先になりそうです。自粛解除されても、急に活動できるわけではありませ…

蛍袋(九条武子)*パステル画

少しずつ日常が戻りつつありますね。でも戻らないものもやっぱりあって、複雑な気持ちです。第二波に備えて、まだまだ気は抜けません。 「いだかれてありとも知らずおろかにもわれ反抗す大いなるみ手に」(九条武子) 黒画用紙 ソフトパステル 今日の歌人、九…

燕(藤原定家)*パステル画

少し前の話になりますが、ガソリンスタンドでブレーキランプを交換してもらいました。 その時ピットの上をふと見ると天井近くにツバメの巣がありました。 毎年そこで巣作りするのでしょう。 スタンドの人が用意して作った段ボールの巣もありました。 ツバメ…

薔薇(正岡子規)*水彩画

気温が上がって、一気に薔薇の花が開花しました。 「くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨の降る」(正岡子規) スーザン水彩紙 A4 インクテンスブロック 花弁がたくさんあって、どこを描いてるのか分からなくなります。 とりあえず完成。何度も…

ながみひなげしの花(与謝野晶子)*水彩画

半袖の方もちらほら見かけるようになってきました。そろそろ衣替えした方が良いかもしれませんね。 暖房器具もしまわなければ… 急ですね。何でも 「ああ皐月 仏蘭西の野は火の色す 君も雛罌粟 われも雛罌粟 」(与謝野晶子) ウォーターフォード ハガキ インク…

白詰草(高田浪吉)*水彩画

ようやく暖かくなりそうですね。この時期に日本国内で雪が降るというのは温暖化の影響の寒冷化?なのでしょうか。 家の前の道路では、近所の小学生や幼児が自転車、スケートボードに乗って生き生きと遊んでいます。 日本もこの機会にグローバル化に合わせて…

牡丹(加藤千蔭)*パステル画

牡丹が今を盛りと咲いています。それにしても寒いですね。 晴れたと思ったら、すごい強風。 冬と変わらない格好をしています。そのせいか、今年はまだ蜂が少ないように思います。 一度熊蜂を見たきりで、その後は全く目にしていません。 「みし春の千千の色…

チューリップ(北原白秋)*水彩画

ゴールデンウィークを前に全国に緊急事態宣言が出されました。 誰がいつ何処で感染してもおかしくない状況に恐々としています。 「鬱金香の匂いのもとに わづかなる 眩暈(めまい)を覚え昼も思ひぬ」(北原白秋) ヴィファール F6 インクテンスブロック 鬱金香(…

手作りレモンマーマレード(二宮尊徳)*水彩画

今年は家のレモンが豊作でした。どう保存しようかと考えて、せっかく無農薬で育てているので、レモンマーマレードに初挑戦しました。以前、梅のジャムは作った事があります。しかし残念な事に、その豊作の年を最後に梅の木は枯れてしまいました。カミキリム…

桜(西行)*パステル画

よく行くスーパーの近くに、少しだけですが桜並木があります。 用水の土手に植えられているのですが、見事に満開です。 買い物ついでのお花見ですが、桜色の世界に癒されました。 テレビで京都の夜桜の中継を観ながら、その美しさに圧倒されていました。京都…

西洋水仙(与謝野晶子)*水彩画

三寒四温の言葉がある様に、この時期は日毎の温度差が大きいです。 風の強い日も多く、洗濯物が飛ばされたり、植木鉢が倒れたり、春の嵐を体感する今日この頃です。 「御仏の円光に似る水仙よ亡き親めきてこひしき花よ」(与謝野晶子) 西洋の水仙は、華やかで…

クリスマスローズとミモザ(万葉集)*パステル画

春のお花が次々と咲き誇り、美しさを競い合っています。去年は一つも花が付かなかったクリスマスローズ。 植木鉢の土をひっくり返してみたら、黄金虫の幼虫にやられていました。手間いらずと安心して植えっぱなしにしていたのが、いけませんでした。土を全部…

日本水仙(木下利玄)*水彩画

久しぶりの投稿になりました。 日本水仙の花が咲いています。 白く小さい花ですが、何とも芳しい甘い香りがします。 水仙の香りを嗅いでいると、ストレスが軽減される様な気がします。香りの力で抗コロナウィルスとはいかないでしょうか…ウィルスの嫌う香り…

中原淳一模写(与謝野晶子)*パステル画

二月の誕生石はアメジスト。赤毛のアンが「可愛いすみれの魂」と表現した石です。マリラの宝物のブローチに使われています。日本名は紫水晶。紫色は神秘的で高貴なイメージがします。 「春立ぬ 夢多き身は この日より 髪に薔薇の 油をぞ塗る」(与謝野晶子) …

シクラメン(万葉集)*パステル画

このところのニュースはコロナウィルスの事で持ちきりです。この肺炎の脅威はインフルエンザと比べるとどのくらいなのでしょうか。 いま一つコロナウィルスの実体が私にはわかり辛いです。 とりあえず、うがい手洗いをしっかりして、マスクを付けています。…

さざんか(前田夕暮)*水彩画

今年はまだ湯たんぽを使わないで、すんでいます。冷え性の私には有難い冬です。ご近所さんのお庭の山茶花が綺麗に咲いています。 「髪をすく汝(な)がゆびさきのうす赤みおびて冬きぬさざん花の咲く」 (前田夕暮) ウォーターフォード水彩紙ハガキ インクテン…

葉牡丹(小野小町)*墨パステル画

年末にセールがあったので、画材屋さんに行きました。しばらくぶりに行ったら、売り場からソフトパステルのバラ(単色)売りが減っていてショックを受けました。私がパステル画を始めた数年前には、数種類のメーカーのソフトパステルがバラで買えましたが、今…

謹賀新年(河合玉堂)*パステル画

新年 あけましておめでとうございます。今年もお付き合い宜しくお願いします。 「霜に明けしとしの田の面にまづ誓う去年にもまさるみのりあげむと」(河合玉堂)私のお正月の楽しみは、2日の箱根駅伝です。去年は伝統校のシード落ちがあったりして今年の展開に…

冬至に獅子ゆず(斎藤茂吉)*水彩画

今日は冬至です。一年で一番日照時間が短いとされる日。この日に柚子湯に入ってカボチャを食べると風邪をひかないとの言い伝えがあります。 「いつしかに運(めぐ)りきたれる一年の最短の日に居りてかなしむ」(斎藤茂吉) ニ年前に描いた獅子頭。赤ちゃんの頭…

若い女性(与謝野晶子)*水彩画

冬の晴れた日の夜空は澄んでいて、銀色に光る月が美しいですね。 「紫の理想の雲はちぎれちぎれ仰ぐわが空それはた消えぬ」(与謝野晶子) F6 ワーグマン水彩紙 350g 2B 鉛筆 インクテンスブロック 人物を描くのは難しいけれど、楽しいです。形をとるのに描い…

薔薇(忠臣蔵)*パステル画

今日は12月14日。赤穂浪士討ち入りのあったとされる日ですね。以前2回ほど忠臣蔵のお芝居を観に行った事があります。 中村梅雀が、四十七士で唯一生き残った寺坂信行を演じた忠臣蔵のお話は、特に印象に残っています。 「さくときは 花の数にも 入らねども …

大根(斎藤茂吉)*水彩画

寒くなったり暖かくなったり、毎朝何を着れば良いのかと迷います。ヒート肌着は冷え性の私には有難いのですが、予想外に気温が上がって、汗をかいてしまうくらいです。 畑をされている方から大根をいただきました。 この時期の大根は生で良し、焼いて良し、…

竹内栖鳳の班猫を模写(斎藤茂吉)*パステル画

12月に入って一気に季節が冬らしくなりました。 若かりし頃、学生時代のバイト先に日本画を専攻した人がいました。 その人から日本画の画材がいかに貴重で高価で、手間のかかるものかと言う事を聞いて以来、手の届かないものと思い近づけないまま人生を過ご…

銀杏の葉(与謝野晶子)*水彩画

銀杏の大木の下にいると、大きな黄色のカーテンに包まれている様な錯覚を起こしてしまいます。足下には黄色の絨毯が広がって、自然のパワーに元気をもらいました。 「金色の小さき鳥のかたちして銀杏(いちょう)散るなり夕日の岡(丘)に」 (与謝野晶子) ウ…

柿(正岡子規)*水彩画

朝晩はエアコンの暖房を使うようになりました。 数年前に庭に植えた富有柿、ようやく6個ほど実がなりました。 「鄙にては ぎをんぼといふ 都にて 蜂屋ともいふ 柿の王これ」 (正岡子規)ウォーターフォード水彩紙ハガキ インクテンスブロック まだ伯父が健在…