絵酔ダイアリー

イラストと短歌と赤毛のアンの読書備忘録

桜(西行)*パステル画

よく行くスーパーの近くに、少しだけですが桜並木があります。
用水の土手に植えられているのですが、見事に満開です。
買い物ついでのお花見ですが、桜色の世界に癒されました。


テレビで京都の夜桜の中継を観ながら、その美しさに圧倒されていました。京都の桜の美しさは別格ですね。
ソメイヨシノと違って、枝垂れ桜には古風で柔らかな風情が漂います。


「憂き世には留めおかじと春風の散らすは花をおしむなりけり」(西行)

ダイソー色紙
ソフトパステ





西行の桜と言えば有名な歌がありますね。

「願わくは花の下にて春死なんその如月の望月のころ」

画仙紙ハガキ
インクテンスブロック



西行はこの歌通り、旧暦の2月16日頃に亡くなったのが、すごいところと言われています。
この歌は亡くなった父(西行に憧れていた?)が病と闘っている時に口ずさんでいた記憶があります。



テレビで見た舞妓さん
ビデオに撮っておけば良かった。
記憶を頼りに描いてみました。


ダイソー色紙
ソフトパステ

人物画、もっと練習しなければ。





用水の桜、亀さんも泳いでいました。



コロナと言えば、咳やくしゃみですが、夕食の後片付けをしていて思わず「クシュン!」と大きなくしゃみをした私。
その瞬間、子どもの頃に観たドリフターズ「8時だよ!全員集合」のギャグを思い出して、クスッと笑みがこぼれました。
「ヘックション!」と大きなくしゃみをすると、セットの家財道具が次々倒れていくギャグです。

志村けんさん、初七日もまだですから、きっと笑わせに廻られてるのかしら?と思ってしまいました。

しむら動物園で見られた志村さんの優しい人柄が偲ばれます。



今日もご訪問下さりありがとうございます😊