絵酔ダイアリー

イラストと短歌と赤毛のアンの読書備忘録

燕(藤原定家)*パステル画

少し前の話になりますが、ガソリンスタンドでブレーキランプを交換してもらいました。
その時ピットの上をふと見ると天井近くにツバメの巣がありました。
毎年そこで巣作りするのでしょう。
スタンドの人が用意して作った段ボールの巣もありました。
ツバメ手作りの巣もありました。

元気にスタンドの中を風を切るように飛んでいるツバメ。残念ながら、もう巣立った後のようでした。





「つばくらめあはれに見へるためしかな変はる契りは習なる世」(藤原定家)


ダイソー特厚模造紙 A4
ソフトパステ





子どもが小学校の頃、近所のお世話になっているママ友さんに頼まれてPTAの役員をした事があります。

その時にPTA主催の行事で、保護者向けの社会見学ツアーがありました。
私の時はホテルの裏側を見学するというものでした。
普段は見られない舞台裏(厨房やランドリールーム、スタッフが利用する階段や事務室など)を見学させてもらって、美味しい食事を頂き、以外に楽しかったのを覚えています。

その中で特に印象的だったのは、普通は見られないVIPルーム、スイートルームでした。

オペラ歌手のパバロッティが来日公演の際、泊まったところだそうで、部屋に厨房が付いていて驚きました。
これはパバロッティ側から要望があって、彼のために改装して新たに作ったとホテルの方が話していました。

お抱えシェフを連れて世界を回っているとは、さすが世界的アーティストですね。



その頃、パバロッティの名前くらいは知っていましたが、オペラ音楽など聴いた事のない私はピンときませんでした。

それから月日は流れて、たまたまパバロッティの音楽を知り、その素晴らしい声に魅了され、そのホテル見学の思い出とともに、時々彼の歌声をCDで聴くことになった私です。
彼が亡くなってからの話ですが。

パバロッティの歌の中で歌詞にツバメが出てくるこのカンツォーネを聞いた時には、イタリア語もよく分からないのに何故だか涙が止まらなくなりました。



パバロッティ 「忘れな草
原題 non ti scordar di me

https://m.youtube.com/watch?v=UUmdEDKW90Y

人間の声は最高の楽器、という言葉を実感しました。良い声は良い食事から生まれるということも。
きっと量も相当召し上がっていたのでしょうね。







今日もご訪問下さりありがとうございます😊